1526円 設定した時間になると自動で電源が切れます OHM オーム電機 ボタン式デジタルタイマー HS-AB6H 花・ガーデン・DIY 木材・建築資材・設備 電設資材 コンセント 設定した時間になると自動で電源が切れます 購入 OHM オーム電機 HS-AB6H ボタン式デジタルタイマー 1526円,shuri-aruki.jp,花・ガーデン・DIY , 木材・建築資材・設備 , 電設資材 , コンセント,オーム電機,HS-AB6H,設定した時間になると自動で電源が切れます,/ceaselessness1961637.html,OHM,ボタン式デジタルタイマー 設定した時間になると自動で電源が切れます 購入 OHM オーム電機 HS-AB6H ボタン式デジタルタイマー 1526円 設定した時間になると自動で電源が切れます OHM オーム電機 ボタン式デジタルタイマー HS-AB6H 花・ガーデン・DIY 木材・建築資材・設備 電設資材 コンセント 1526円,shuri-aruki.jp,花・ガーデン・DIY , 木材・建築資材・設備 , 電設資材 , コンセント,オーム電機,HS-AB6H,設定した時間になると自動で電源が切れます,/ceaselessness1961637.html,OHM,ボタン式デジタルタイマー

設定した時間になると自動で電源が切れます 購入 OHM オーム電機 HS-AB6H 限定モデル ボタン式デジタルタイマー

設定した時間になると自動で電源が切れます OHM オーム電機 ボタン式デジタルタイマー HS-AB6H

1526円

設定した時間になると自動で電源が切れます OHM オーム電機 ボタン式デジタルタイマー HS-AB6H




特長
● 設定した時間になると、自動で電源が切れます
● 使用する電気器具を本製品のコンセントに差して使用します
● ボタンを選んで押すだけの簡単タイマー設定(設定プログラム6個)
● 繰り返しボタンを押すと、24時間後にプログラムが繰り返し稼働
● 常時通電機能付き

仕様
■ 定格電圧:AC100V 50/60Hz
■ 最大定格入力電力:15A
■ 消費電力:0.5W
■ プログラム設定内容:15分、30分、1時間、2時間、4時間、6時間
■ タイマー誤差:±約2分/月
■ 使用温度範囲:-5℃から+45℃
■ 使用環境:室内専用(屋外使用禁止)
■ 本体材質:ポリカーボネート
■ 外形寸法:幅74×高さ36×奥行46mm
■ 質量:約75g
【ご注意】
※ 使用できる電気器具(下記の最大電力を超えない器具を使用してください)
・ヒーター使用器具…15A以下(電気ポット、電気カーペット、暖房便座など)
・トランス使用器具…7.5A以下(テレビ、ステレオ、AV機器など)
・モーター使用器具…4A以下(扇風機、換気扇、循環ポンプなど)
・照明器具…7.5A以下(蛍光灯、水銀灯、ハロゲンランプなど)、2.5A以下(水槽用照明、メタルハロゲンライト)
※ 以下の機器には使用できません
1. エアコン、クーラー
2. 電子タイマー内蔵の機器
3. リモコンで「入/切」する機器
4. 通電時、手動でスイッチを入れないと動作しない機器
5. センサーにより自動動作する機器
※ 電源電圧がAC100V以外の電圧では使用しないでください。故障、感電、発熱のおそれがあります。
※ 最大電流が15A以上の機器には使用しないでください。一瞬でも15A以上の電流が流れると、リレー接点が破損して故障、感電、火災の原因となります。
※ 延長コードを使用する場合は、他の接続機器の合計使用電力が定格値を超えないように【ご注意】ください。
※ 本製品は防水ではありませんので、屋外や浴室など湿気の多い場所での使用はおやめください。
※ 使用する電気器具にタイマーを付ける際には、器具の電源を切ってから行ってください。


タグ:コンセントタイマー タイマースイッチ 節電 防犯 電気節約 タイマーコンセント

設定した時間になると自動で電源が切れます OHM オーム電機 ボタン式デジタルタイマー HS-AB6H

Topics注目の情報

―接続から共創へ―高校生の「学びたい」を高校と大学がともに育てるとき

高校生・大学生が語る「高大連携の学びのなかで見つけたこと 変化したこと」/生徒の“学び”と“成長”をつなぐ、高大連携事例/【オンライン座談会】高校生の「学びたい」を育てて、つなぐ、高大連携の先にある未来/高大連携に関する大学アンケート

【最新号】
大学ブランド 未来の指標 多様化する社会課題との接点がカギ

社会課題解決は「その大学ならではの価値創出」へのこだわりから始まる/大学が取り組む社会課題解決はブランド力にどのように関係するのか/DXに関する経済産業省の政策動向/高等教育はDXをどう捉えるべきか/社会課題解決に取り組む大学事例